「エラスチン」や「コラーゲン」って耳にしたことがある方も多いかと思います。

このエラスチンとは、繊維状のタンパク質の一種で、皮膚に弾力を与え、ハリを保つ働きがあります。

肌以外にも、軟骨、血管、子宮など身体の中で伸び縮みを必要とする場所にエラスチンは存在するのですが、

なんと!!   20歳代半ばでピークを迎え、加齢とともに減少していきます汗 

真皮にも存在するエラスチンは、コラーゲン同士を束ねて肌を支えているので、仮にコラーゲンが豊富でもエラスチンが足りないと、肌の弾力が失われてしまうのです。

エラスチンを多く含む食品を取り入れながら、紫外線、乾燥、活性酸素などの大敵からお肌を守りましょう音譜

:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:

細胞から若返るリバースエイジング

堺市 光明池 フェイシャルサロン「シエル」

土居 博子

■ホームページ

facialsalon-ciel.promotion-homepage.com
:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵: